スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度あることは三度ある。

  • 2011/04/16(土) 10:57:26

最近ですね、どうしてか、めっさこけるんですよ。まじです。
二週間前。
仕事が終わって、さぁ帰ろうと駐車場へ向かっておりまして。
ゆっくり歩いてたんです。
あたし歩くのめっさ遅いんです。
都会ではみんなに追い越されます。
辺りはもう真っ暗。
車までもう少し、、、ってとこで、

グキィィィィ・・・!!!

久々に聞いた、自分の骨がどうかなる音。
ガードからボールが回ってきて、
フェイクかましてディフェンスを抜いてカットイン。
上手い具合にいってセンターという壁もかわせ
ドリブルシュートを決めた後、
そのセンターの足の上に誤って着地してしまい、
足首が悲鳴を上げる音。嗚呼、懐かしき痛々しい音――。

いっ・・・・・・・たァァァァァ!!!!

ハイ捻挫。
しばらくその場で悶える。一人。ひたすら悶える。
数分後。 痛みが引いていきました。 アレ?
ああ、そうだ。
あたし人間にしては身体が柔らかい部類に入るんだ。
軟体動物的人間だったんだ。

ちょっと足首に違和感を感じつつ、たぶん治りました。


結局その日は何事もなかったように帰宅。
病院に行くほどではなかろう、と。

翌々日。防府天満宮のさかたりさんへリポート。
桜が一気に咲き乱れ、
ほほー綺麗かな綺麗かな、などとのんびりと歩いておりました。
丁度、手水舎を通り抜け、
東門がもう少しで見えるぞという橋の上。
扶桑菅廟最初の石碑の手前辺りで。


グキィィィィィィ!!!!!


一昨日聞いた、最早懐かしくも何ともない、忌々しい音。
トップにおるガードからグッドタイミングで
3ポイントラインに居るときにパスが来て、
ディフェンスも間に合わず、良い呼吸で3Pシュートを放った後、
必死でブロックするディフェンスの足に誤って着地した時に
聞いた、けたたましくも潔い痛々しい音。
己が放ったボールの行く末など気にも出来ない程に、
全ての神経が足首に集中するあの瞬間――。

しかし今回は違った。 だって場所は天満宮。
この日は桜が満開。 人がいっぱい。

恥 ず か し い !

必死で平静を装い、
え?誰かこけましたっけ?なる顔で駐車場へ向かう。
車に乗った頃には、、、 アレ?痛くない。
そうかそうだった。
あたしってば、人間にしては類稀なる軟体動物的人間だったわ。
足首に僅かな違和感を覚えつつ、普通にわっしょいに帰りました。


追記ですが、前述どっちも右足首です。
あたくし右足首ばっかり捻挫してまして、
もう足首をグルグル回すだけでグキグキ音が鳴る程です。
癖になっちょるんですよね、きっと。


防府天満宮での捻挫紛い事件から二日後。
この日は友達の結婚式で、山口へ。
それはもう幸せそうなお二人に、
嬉しい気持ちでいっぱいでございましたよ。
しかしね、結婚式というのは疲れます。
特に二次会が疲れます。
ビンゴとかがあって、神経を尖らせて挑まなければなりません。
盛り上げなければなりません。それはそれは、疲れます。

22時頃、帰宅。
お気に入りのドレスを着たまま、
「疲れたー」とソファにドサリ。

は!!!車に携帯忘れた!!!

と気づき、急ぎクロックスを履いて外へ出まして。
携帯を取って、車の鍵を閉めた後・・・
ここからがね、あたしもう自分がわからないんですけども、
なぜか走ってみようと思ったんですよね。なんででしょう。
走ってみようと。玄関まで少しあるんですけど、走ろうと。
クロックス気持ちいいし、走ったんです。なぜか。
風を切り、スタタタタタ!とダッシュです。
なぜダッシュなのかさえ、意味がわかりません。
そして次の瞬間、、、


ズザサァァァァァ!!!ゴロゴロゴロ!!!


こけました。

朝の登校時に華城小学校の交通公園を意味無くダッシュして
躓くものなど何もなかったにも関わらず、
なぜか前のめりにこけて、
恥ずかしい!との気持ちが先行したため、
膝小僧の出血に数分の間気付かなかった遠い記憶。
なんで早く言わんかったんかね!!と田村先生に叱られた
儚くも苦い記憶――。

何を護ろうとしたのか、
右半身前のめりにズザザザザ!と。
上半身からこけたもんだから、
下半身がギャグみたいにフワって浮いた後、
ドスンと地面に叩きつけられる。

い た い 。

右足の脹脛を見ると、500円もした黒のラメタイツが
アスファルトのあんちきしょうによって引き裂かれ。

NOOOOOOOOOOOO!!!!

せめてもの救いは、
夜だったため誰にも見られなかったということですね。


というわけで、アクス防府で新しいフィットネスを始めました。
バレトン。足を鍛え直さなね。
もうね、こけたくないね。
痛いんだったね、こけると。
懐かしい思いをさせてくれてありがとう。
誰に礼言ってんのか皆目わかんないけど、ありがとう。

なのでね、アクス通いましょうよ、ね。


オワリ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。